最新更新日:2020/09/18
本日:count up46
昨日:79
総数:607027
新型コロナウイルス感染症を防ぐためにも、新しい生活様式のもと、規則正しい生活を送りましょう。
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地

スタディールーム

本館1階の会議室の名称を、「スタディールーム」に変更しました。
児童も教師も保護者の皆様も、
ここで「学べる」部屋にしたいと思います。
現在のところ、
・テレビ視聴可能
・インターネット接続可能
・DVD再生可能
となっています。
移動式大型スクリーン・ホワイトボードを設置し、
後方の「つりさげ式大型スクリーン」も、復活いたしました。
画像1 画像1
画像2 画像2

<校長室の窓> 俳優 岡田准一 さんから学ぶ

勝川小学校 高学年の皆さんへ

私が今、最も注目している俳優は、岡田准一(じゅんいち)さんです。
彼の演技には、「熱い思い」「心」がこもっています。
また、「演ずることの大切さ」も、教えてくれます。
彼の言葉をいくつか紹介しますね!

■究極のピンチに追い込まれたときに一番支えになるのは人との絆。
■心は自分の胸にある。
 と人は思っているけれど、
 誰かと対峙したときには、
 胸ではなく、
 心はその人と自分の体との中間点にある。
■自分を大きく見せようとしない。
■わかったような気でいたくない。
 自分が一番正しいと思って他人を否定したり、
 他人を嫌な気持ちにはしたくない。
■自分の姿は、人と人との間に浮かび上がるもの。
■人がどうこうではなくて、自分で自分がやりやすい現場に持っていく。
■最初から苦手と思わないこと。
■頑張れば、きっと誰かが見てくれる。
■体が動けば、心も動く。
■とにかく1年目・2年目は、がむしゃらにやるしかない。
■人が足を止めるのは、絶望ではなく諦観。
 人が足を進めるのは、希望ではなく意志。
 ※諦観(ていかん)=本質をはっきりと見きわめること。
           悟って超然とすること。

※岡田准一さんの詳細は、ココをクリックしてください。
※岡田准一さん主演で、現在上映中の『関ケ原』は、
 ココをクリックをクリックしてください。
※岡田准一さん主演の名作
 『永遠のゼロ』は、ココをクリックしてください。
 『海賊とよばれた男』は、ココをクリックしてください。
(写真出典 Yahoo!画像)

画像1 画像1

一日一言

勝川小学校 高学年の皆さんへ

夏休みは、「一日一言」と題して、
小学生で出会っておきたい「名言」を、紹介しています。

今日は、雅楽(ががく)演奏家の東儀秀樹さんの言葉を紹介しますね。

ものごとを面白(おもしろ)く
体験するための「5K」は、
好奇心(こうきしん)
観察力(かんさつりょく)
行動力(こうどうりょく)
向上心(こうじょうしん)
そして謙虚(けんきょ)
特に謙虚は、一番大事。

※謙虚=控(ふか)え目で、つつましいこと。
    純粋(じゅんすい)な気持ちで素直(すなお)に
    相手の意見などを受け入れること。
    また、そのさま。
※東儀さんの演奏は、ココをクリックしてください。
※東儀さんの詳細は、ココをクリックしてください。
(写真出典 Yahoo!画像)

画像1 画像1

学校施設整備

配膳室の工事が終わり、ピカピカになりました!
とても衛生的になりました。
暑い中、工事に携わって下さった皆様、ありがとうございました。
画像1 画像1
画像2 画像2

校庭の花

この美しい花たちが、9月1日に「勝川っ子」を出迎えてくれます。
写真は2秒ごとに変わります。
画像1 画像1

子どもたちに本物を見せたい!〜「夢道場」を通して〜

保護者の皆様へ

本年度は、「夢道場」と題して、
子どもたちに「本物」にふれてもらう機会を企画しております。
その道の第一線で活躍される方々の「生きざま」「技」にふれることで、
子どもたちは、きっと、「僕も頑張りたい!」「私も頑張りたい!」と、
大きな「夢」を持ってくれることでしょう!
そのことが、子どもたちの「学習意欲の向上」「努力を惜しまない姿勢」
に、必ずつながるものと信じています。
                         校長 堤 泰喜
<お知らせ>
このたび、今年度の「夢道場」のラインナップに、
新たな企画が、1つ加わりました!

集英社の『学習まんが』で大活躍のプロの漫画(マンガ)家
茶留たかふみ氏にご来校いただき、
漫画の実演だけでなく、漫画の見方や極意などを伝授していただきます。
この「夢道場」は、5年生対象です。
図工の授業にカウントさせていただきます。
10月20(金)にご来校下さいます。
今から、とても楽しみです!

<夢道場>
 4月19日(水) 内匠 慧氏(春日井広報大使) ピアノコンサート
           HPはココをクリックしてください。
 5月15日(月) 山口百子氏(日本画家) 美術ワークショップ  
   16日(火)   〜かわっていく・時間と絵〜
 5月17日(水) 中日新聞ドラゴン号 本校独自の新聞と出前授業 
10月12日(木) トリオ・ノート 小学校アウトリーチ 
           ピアノ    大野真由子氏
           ヴァイオリン 高瀬真由子氏
           チェロ    田辺 純一氏
10月20日(金) 茶留たかふみ氏(プロの漫画家)
11月13日(月) 吉田絵奈氏(鍵盤ハーモニカ奏者) 
           HPはココをクリックしてください。
           ブログはココをクリックしてください。  
12月 5日(火) 腰塚勇人氏 「命の授業」 
          北は北海道、南は沖縄まで、
          全国で講演活動をしてみえます!
           HPはココをクリックしてください。         
 2月 6日(火) 杉浦誠司氏(書家・文字職人)
          今、話題の芸術家です!
          講演「めっせー字〜夢ありがとう〜」・書き下ろし
           HPはココをクリックしてください。 

※写真上段は、茶留たかふみ氏
 写真中段は、茶留たかふみ氏の作品です。(3秒ごとに変わります)
 写真下段は、トリオ・ノートの皆さんです。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

地域の方に感謝!

出校日の日も、交通安全立哨をしてくださいました。
本当にありがとうございます!
画像1 画像1

処暑(しょしょ)

今日は、暦の上で「処暑」です。
暑さも和らぎ、朝晩は「秋」の気配を感じるころです。
※「処暑」の詳細は、ココをクリックしてください。

今日は、八木重吉詩集「愛のことば」を、お届けします。
ココをクリックしてください。

感謝の心が込められた他者を思う言葉は、
それがどれだけ拙(つたな)く、浅くても、
「ふかくしてみにくき言葉」にくらべたら、
はるかに素晴らしいのです。

素直にはっきりと、
愛の心を相手に伝える時、
自分も「人」として成長し、
大いなる力によって、
深い世界へと導いていただける

と、八木重吉は言っています。

画像1 画像1

一日一言

勝川小学校 高学年の皆さんへ

夏休みは、「一日一言」と題して、
小学生で出会っておきたい「名言」を、紹介しています。

今日は、女子フィギュアスケートの選手として、
オリンピックや世界選手権で大活躍し、
今年の4月に「引退表明」をした浅田真央さんの言葉を紹介します。

誰かに勝ちたいという気持ちはなかった。
フィギュアスケートは、リンクに出たら自分一人。
だから自分との闘(たたか)いなんです。

<解説>
すべては、「自分との闘い」なのです。
「もうやめたい」という自分との闘い。
「もう限界だ」という自分との闘い。
「失敗するかもしれない」という自分との闘い。
「プレッシャーに押しつぶされそう」という自分との闘い。
浅田選手は、常に自分との闘いを続けてきたのですね。
皆さんの「勉強」「部活」「習いごと」も自分との闘いなのです。

※浅田選手のソチオリンピック・フリーの演技は、
 ココをクリックしてください。
 アメリカのメディアの報道です。
 彼女がいかに世界中の人々から愛されてきたがわかります。
※浅田選手の詳細は、ココをクリックしてください。
 (写真出典 Yahoo!画像) 

画像1 画像1

小学生で出会っておきたい映画

勝川小学校 高学年の皆さんへ

ベストセラー小説『君の膵臓(すいぞう)をたべたい』が、
映画化され、上映されています。

映画の中で、膵臓を患(わずら)い、
余命(よめい)わずかな主人公・桜良(さくら)の言葉が、
人々に感動を与えています。
そのいくつかを紹介しますね。

私も君も、
一日の価値(かち)は一緒(いっしょ)だよ。

ちょっとくらい間違えたっていいじゃない。
頑張って探して見つけた方が嬉(うれ)しいでしょ。
宝探しみたいで。

好きなのに嫌(きら)い。
楽しいのに鬱陶(うっとう)しい。
そういうまどろっこしさが、
人との関わりが、
私が生きてるって証明(しょうめい)だと思う。

君がしてきた選択と、
私がしてきた選択が、
私たちを会わせたの。
私達は、自分の意思(いし)で出会ったんだよ。


※この映画の「予告編」は、ココをクリックしてください。
※この映画の詳細は、ココをクリックしてください。
(写真出典 Yahoo!画像)

画像1 画像1

<校長室の窓> 増田明美(ますだあけみ)氏から学ぶ

勝川小学校 高学年の皆さんへ

本日、女子マラソンの元オリンピック日本代表で、
現在、スポーツジャーナリストの増田明美さんの講演を聴きました。

その中で、心に残った言葉は、
知好楽(ちこうらく)です。
この言葉は、論語(ろんご)の
これを知る者は、これを好む者に如(し)かず、
これを好む者は、これを楽しむ者に如かず

という教えを一言で表したものです。

これを仕事に例えると、
その仕事を知っているだけの人は、
仕事を好きな人にはかなわない。
さらにその仕事を好きなだけの人は、
仕事を楽しんでいる人にはかなわない。

ということになります。

皆さんの場合、この「仕事」を「勉強」「運動」「習いごと」「読書」
などに置き換えてみてくださいね。
どんなことも、楽しみながらやりましょう!
良い結果というのは、それをやっていて「ハッピー!」と思える時に
生まれてくるものなのです。

※増田明美さんの詳細は、ココをクリックしてください。
※論語の詳細は、ココをクリックしてください。
(写真出典 Yahoo!画像)

画像1 画像1

一日一言

勝川小学校 高学年の皆さんへ

夏休みは、「一日一言」と題して、
小学生で出会っておきたい「名言」を、紹介しています。

今日は、歌手の平原綾香(ひらはらあやか)さんの言葉を紹介しますね。

あまり遠くを見すぎると、足元の石につまずいてしまうし、
近くばかり見ていると、道に迷ってしまう。
だから、一歩ずつ着実に進みたい。

<解説>
平原さんは、13歳でアルトサックスを手にし、
高校の音楽科でクラシックのサックスを学びました。
音楽大学では、ジャズ科に在籍して、
高音から低音までを自在にあやつるボーカリスト
として注目を集めました。
彼女は、「どうやってうまく歌うか」ではなく、
「どうやってうまく伝えるか」に、心を注いでいるそうです。

※平原さんの代表作「おひさま〜大切なあなたへ」は、
 ココをクリックしてください。
(写真出典 Yahoo!画像)  

画像1 画像1

校庭の花

厳しい残暑の中でも、美しく咲き誇っています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

<校長室の窓> 山崎昌伸氏から学ぶ

画像1 画像1

勝川小学校 高学年の皆さんへ

先日、『京都美山詩画集』で知られる
山崎昌伸(やまざきまさのぶ)氏にお会いする機会がありました。
山崎氏の言葉を紹介しますね。

春夏秋冬(しゅんかしゅうとう)

人に会う時は
春のような暖(あたた)かい心で
仕事をする時は
夏のような情熱的(じょうねつてき)な心で
物事を考える時は
秋のような澄(す)んだ心で
自分を戒(いまし)める時は
冬のような厳(きび)しい心で

感謝

あなたに会えて感謝
いつもの優しさに感謝
声をかけてくれて感謝
今日一日笑顔でいられて感謝

皆さんの場合は、
「仕事」を「勉強」「部活」「習いごと」「お手伝い」などに
置(お)き換(か)えることができますね。
ぜひ、情熱的な心で、頑張って下さいね!
また、感謝の気持ちは、「行動」で表しましょう!
特に、「おうちの人への感謝」は、絶対に忘れてはいけませんよ!

※山崎氏のプロフィールは、ココをクリックしてください。
(写真はともに山崎氏の作品です)

画像2 画像2

<校長室の窓> ガバゴン先生から学ぶ

勝川小学校高学年の皆さんへ

8月10日、教育評論家の阿部進先生が亡くなりました。
阿部先生は、通称“ガバゴン”と呼ばれ、
全国の教師・保護者・子ども達から、とても親しまれてきた方でした。
「現代っ子」という言葉を造られたことでも有名です。
ガバゴン先生のご冥福を、心からお祈り申し上げます。

ガバゴン先生が、いつも、
子どもたちに訴(うった)えてきた言葉を紹介します。
親より先に死んではいけない!約束だよ!
突発的な事故は別として、「親より先に死ぬこと」は、
最も「親不孝(おやふこう)なこと」だと、常々言ってみえました。
もちろん、自ら命を絶つ(自殺)は、絶対にあってはならないことです。
悩んでいることがあったら、
まず、おうちの人や担任の先生に相談しましょう。
また、交通事故(特に自転車の飛び出し)にも、気をつけましょうね!

保護者の皆様へ

ガバゴン先生は、子どもの“仕事”について、
子どもの仕事は、今も昔も「勉強・あそび・お手伝い」の三つです
と言ってみえました。
そして、これらのバランスが大切!と説いてみえました。

勉強の中でも、大切なのは「学校の授業を大切にする」ことです。
本校教師は全員、
「わかる授業」「楽しい授業」をめざして、頑張っています。
そして、
「学校」が「楽校」「合校」となるよう、今後も努力を続けます。
また、勉強の範疇に入らないかもしれませんが、
読書も、きわめて大切です。
読書が、人間の「幅」を広くし、人間の「懐」を深くします。

子どもは、「あそび」の中から、友達との人間関係など、
様々なことを学びます。
ゲーム三昧にならないよう、ご留意をお願いします。
家族で遊ぶ。大自然の中で遊ぶ。
そんな経験・体験を、たくさんつくってあげてください。
美しい景色、きれいな空気の中で、家族一緒に「お弁当」を食べる。
お子様が、ワクワクする瞬間です。


当然のことですが、お子様も「家族の一員」です。
「家族の一員」として、役割や大きな仕事を与えてください。
そして、それがしっかりできたら、「笑顔」で褒めてあげてください。

釈迦に説法をお許しください。        校長 堤 泰喜

※阿部進先生の詳細は、ココをクリックしてください。
※阿部進先生に関連するニュースは、ココをクリックしてください。
(写真出典 Yahoo!画像)

画像1 画像1

頑張れ!ブラスバンド部!

夏休み前半の最終日の練習です。
最初は、小雨が降っていたので体育館で、
その後は、運動場でマーチングの練習をしました。
6年生が、自主的に「キビキビ」と動くので、
下級生も、それについていきます。
ブラスバンド部の「良き伝統」ですね!
写真は240枚です。1秒ごとに変わります。
画像1 画像1
愛知県教育委員会 道徳教育総合推進サイト「モラルBOX」
こころの体温計
みんなの学び場春日井市図書館に行こう!
子どもの学び応援サイト
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
春日井市立勝川小学校
〒 486-0914
愛知県春日井市若草通2-1-1
TEL:0568-31-2106
FAX:0568-31-2094